負けない競馬データ! ドリーム競馬MAX

データ競馬

馬券的中情報阪神競馬場コースの特徴


阪神競馬場の芝コースは内回り2本、外回り2本で、一番長い外回りBコースは一周2113.2mあります。最後の直線は、一番短い内回りAコースで356.5m、一番長い外回りBコースで476.3mもあり、同じ右回りの中山競馬場よりも長くなっています。


コース全体の高低差は、内回り1.8m、外回り2.3mで、中山競馬場よりも少ないのですが、最後の直線にある急坂の勾配は中山とほぼ同じで、ゴール前での逆転劇を演出するコース設計となっています。


ダートコースは、一周1517.6mのコースが1本で、コース全体の高低差が1.5m、直線距離が352.5mあります。


芝内回りの発走距離は、1,200m、1,400m、2,000m、2,200m、3,000m、3,200m
芝外回りの発走距離は、1,400m、1,600m、1,800m、2,400m、2,600m、3,200m


ダートコースの発走距離は、1,200m、1,400m、1,800m、2,000m、2,600mです。



≪ 東京競馬場コースの特徴

競馬場コース・特徴

京都競馬場コースの特徴 ≫







Yahoo! JAPAN


(C)負けない競馬データ! ドリーム競馬MAX